植木徹俊(ステーションキャラバン)の経歴と顔画像は?菅総理との関係について調査!

ニュース

週刊文春で株式会社ステーションキャラバンが菅首相に献金していると報道されました。

普通の献金であれば問題なかったのですが株式会社ステーションキャラバンは菅正剛さんが筆頭株主の会社になっています。

今回はその株式会社ステーションキャラバンの代表取締役でもある植木徹俊さんについて調査していきたいと思います。


植木徹俊(ステーションキャラバン)の経歴と顔画像は?

それでは早速ですが株式会社ステーションキャラバンの社長でもある植木徹俊さんについて調査していきたいと思います。

今回の報道などに関しては下記から御覧いただけると幸いです。

ステーションキャラバンA社長の名前と顔画像は?喫茶店(横浜)の場所を調査!

まずは植木徹俊さんですが情報が全くありませんね。

名前以外に経歴や年齢なども一切分かっていませんね。

週刊文春から分かっている情報をまとめていきたいと思います。

  • 現在は株式会社ステーションキャラバンの代表取締役社長をしている。
  • 株式会社ステーションキャラバンの社長になったのは2006年以降のこと。

この辺の情報しか分かっていませんね。

 

さらに株式会社ステーションキャラバンを検索してそこから分かる情報を見ていきたいと思います。

本社の場所なのですが

神奈川県横浜市神奈川区平川町4-1

となっています。

さらに見ていくと従業員数は15人で設立は1982年、資本金は1000万円になっています。

関連記事でも書いていますが植木徹俊さんの株式会社ステーションキャラバンが経営している喫茶店が『ル・カルム』という喫茶店を経営しています。

こちらの『ル・カルム』は横浜駅構内にあるということですね。

(画像は食べログより)

この他にも植木徹俊さんを調査していくと他の会社も経営している可能性があります。

ゴキブリやネズミを駆除する会社である『株式会社ニートクリエーション』

ここの会社の本社を見てみると

神奈川県横浜市神奈川区平川町4-1

になっています。

株式会社ステーションキャラバンと同一の場所にあるので『株式会社いニートクリエーション』も植木徹俊さんの経営している会社ではないかと考えれます。

その他にも調査してみた結果では『おそうじ本舗』という会社も経営していることが分かりました。

こちらは店舗自体は東京六本木にあるようなのですが本社の住所を見てみると上記と同じ住所でしたのでこちらも植木徹俊さんが経営しているとみて間違いないと思います。

このように複数の会社を経営していことは分かりましたが植木徹俊さんの経歴などについては情報がありませんでした。


植木徹俊(ステーションキャラバン)と菅総理の関係は?

続いては植木徹俊さんと菅総理の関係を見ていきたいと思います。

週刊文春によると植木徹俊さんが社長に就任したのは2006年以降ということになっています。

しかし株式会社ステーションキャラバンが設立した1982年から菅総理は半分の株を保有していたということは植木徹俊さんが社長に就任する以前からの付き合いということになります。

株式会社ステーションキャラバンの先代社長と菅総理が懇意であったことは明らかですね。

さらに植木徹俊さんは

「月3万円の献金を続けています。やっぱりこうやってお店を(良い場所に)作ってもらったりしていますからね。X(横浜駅にステーション社が開いた喫茶店)をやっている間はずっと続けていきます」

このようにコメントしていることからもかなり菅総理に恩義を感じているようです。

元々菅総理は神奈川県から選挙に出ておられる方なので昔からの付き合いの関係だったという方が正しいのかもしれません。

問題になってしまったのは株式会社ステーションキャラバンの株の半分を現在は菅総理の息子である菅正剛さんが保有している点ですね。

これに関しては菅総理は国会で説明する義務があるように感じますね。


今回のまとめ!!

今回は株式会社ステーションキャラバンの社長である植木徹俊さんについて調査してきました。

現段階での情報は少ないですがいくつか会社を経営しているようです。

菅総理との関係はかなり昔からの付き合いなのではないかという推測になりました、

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました!