多額水道代(兵庫県)を担当職員が負担するのはおかしい!?井戸知事の責任は?

ニュース

兵庫県庁で排水弁の閉め忘れが原因で約600万円の水道代がかかったニュースが話題になっています。

その600万円という多額の水道代の半分の300万円を担当職員が負担したと報じられました。

300万円を担当職員が負担したことがネットではおかしい!と言われています。

早速調査していきたいと思います!


多額水道代(兵庫県)を担当職員が負担するのはおかしい??

概要はこのようになっている訳なのですがネット上では『1人の職員の責任するのはひどい!』と炎上しています。

ネットではこのような意見が多かったです。

確かに担当職員に300万円を支払わせるのは正直どうなのかな・・・と思いますね。

ただ無駄に税金が600万円使われたことも問題ですね。

個人的にはおかしいとは思います。

確かに無駄に600万円を使われましたが業務内での話ですからね。

それを個人に負担させるのはどうのかなと思いますね・・・。

 


多額水道代(兵庫県)で井戸知事の責任はない?

多額水道代の300万円を支払わせたというニュースですがネット上では井戸知事の責任もあるのではないかという声もあります!

今回の件に関しては井戸知事に責任はないと思われるのですがこのような意見が多いですね・・・。

井戸知事は過去の類似判例から職員に300万円を請求したと思われるので過去にも同様のニュースがあったものと思われます。

井戸知事が今回このように言われているのはやはり以前のセンチュリーの件ではないかと思われます。。

センチュリーに乗れるなら職員の代わりに兵庫県の長なのだから支払え!みたいな意見も目立ちました・・・。


今回のまとめ!

今回は兵庫県庁で多額水道代の件がニュースになっていたので取り上げました!

正直職員個人に300万円を負担させるというのはどうのかなという感じもしますが600万円を税金の無駄遣いしているので仕方ないのかもと思ってしまう感じもあります。

井戸知事にも賛否両論がありますが対応が難しかったかもしれませんね・・・。