笹川友里アナの退社はなぜ?理由はTBSのアナウンサーの起用方法!?

芸能ニュース

TBSの笹川友里アナが2021年2月いっぱいでの退社を発表しました。

笹川友里アナといえばADからアナウンサーになった経歴の持ち主ですがなぜ退社するのでしょうか。

理由などについて調査していきたいと思います。


笹川友里アナの退社がTBSを退社!

 

この投稿をInstagramで見る

 

笹川友里(@sasagawayuri)がシェアした投稿

笹川友里アナがTBSを2月いっぱいで退社することを発表しました。

ADからアナウンサーになられたという笹川友里アナ。

現在はフェンシングの太田雄貴さんと結婚されています。

それではなぜ笹川友里アナはTBSを退社することになったのでしょうか?


笹川友里アナがTBSを退社する理由はなに!?


笹川友里アナがTBSを退社する理由はなんなのでしょうか?

正式に発表はされていないので情報を整理しながら考えていきたいと思います。

笹川友里アナは2013年に一般職としてTBSに入社しています。

その後2014年4月からアナウンサーとして活動されていました。

同年7月から2019年3月までは『王様のブランチ』で進行役として出演していました。

プライベートでは2017年に太田雄貴選手と結婚して2019年6月にはお子さんを出産されています。

そして2020年10月から仕事を再開されています。

最後に2021年2月いっぱいでTBSを退社することを発表されています。

 

時系列的にはこんな感じでしょうか?

退社する理由を色々と考えていきたいと思います。

まずは結婚してお子さんを出産されたからというのが考えれると思います。

まだ小さな子どもを育てながらの局アナとして活動していくのは難しいので退社することになったというのも考えれると思います。

旦那さんの太田雄貴さんも東京オリンピック関連で忙しいでしょうし子育てを優先してTBSを退社を決定したというのも考えれると思います。

なるべく子育てや主婦業に負担にならない形で仕事を継続していくのではないかなと考えます。

 

そして2つ目は局アナはフリーアナになるためのステップに過ぎなかったということです。

やはり局アナのままでは限界があるんじゃないかなということです。

現にTBSの有名な番組というのは司会などをしているのもフリーアナのことが多いです。

笹川友里アナはキレイですしフリーアナになれば他のテレビ局の報道番組などにも出演できる可能性が高まります。

女子アナの定年は25歳などとよく言われますが笹川友里アナも次のステップに向けての退社だった可能性もあります。

 

まだ完全な情報は出ていませんでの予想にはなりますが笹川友里アナがTBSを退社したのはこのような理由が少なからずあったのではないでしょうか。

笹川友里アナはまだ30歳と若いですしキレイですしフリーアナウンサーになれば仕事が増えそうな気がしますね。

レギュラーラジオは継続していくそうなのでこれからの活動にも目を離せませんね!

 


ネットの反応は!?

  • TBSはなんでもっと局アナを使わないのか?宝の持ち腐れだと思う。
  • TBSってフリーアナウンサーで独立する割合がかなり高いと思う。
  • あさちゃんもNスタも外部の人間ばかりだし局アナでいても仕事ないからかわいそう。
  • 独立は正解だと思う。TBSにいても仕事ないからフリーアナウンサーになれば他局にも出演できるしね。
  • TBSってアナウンサー養成所みたいになってるな・・・。

このような意見がありました。

局アナでも仕事とかなかったら独立したくなりますよね。。


今回のまとめ!

今回は笹川友里アナがTBSを退社するということで調査してきました。

子育てで大変でしょうし局アナの仕事も外部の人間に取られたりしたら嫌になってしまう気持ちも分かりますよね。

理由は様々あると思いますが独立してさらに活躍してほしいと思いますね!