ジェットブルー292便の真相は?原因と前輪の画像と着陸動画を調査!【空中サバイバル】

テレビ番組

2月7日の19時から放送される新番組『超絶!THE空中サバイバル』の中でジェットブルー292便の前輪が90度曲がっている状態での着陸が取り上げられます。

前輪が降りない状態での緊急着陸は過去にも例がありますが今回は降りているものの前輪が機体に対して90度曲がっている状態での着陸です。

今回はジェットブルー292便のネタバレと真相を調査していきたいと思います。

そしてどのような前輪の出方だったのかという画像も調査していきたいと思います。


ジェットブルー292便緊急着陸事故のネタバレと真相は?

ジェットブルー292便緊急着陸事故の概要

ジェットブルー292便の使用機材はエアバスA320という非常に有名で現在でも大量に飛んでいる航空機です。

ジェットブルー292便は2005年9月21日にアメリカカリフォルニアのボブ・ホープ空港を離陸してジョン・F・ケネディ国際空港に向けて飛び立ちます。

そして離陸して直後にギアアップをする際に前輪が格納庫に引き込むことができない状況に陥ります。

その後前輪の異常を確認した操縦士が管制塔にジェットブルー292便の現状を確認してもらいます。

その報告によるとジェットブルー292便の前輪は機体に対して90度に曲がっているということでした。

その後機長と副機長はロサンゼル国際空港に緊急着陸。

緊急着陸は成功して負傷者はいない結果になりました。

【超絶!THE空中サバイバルで取り上げられる他の航空事故はコチラ!】

[st-card myclass=”” id=”199″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””] [st-card myclass=”” id=”211″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

ジェットブルー292便緊急着陸事故の事故原因と真相は機長が神ってる?

なぜジェットブルー292便の前輪はそのようなことになってしまったのでしょうか?

まずは何らかの原因で前輪が故障してしまい前輪が格納庫に格納されなくなってしまいます。

90度に傾く理由というのは機体が自動で前輪の故障を察知した場合に90度に傾くというマニュアルがあります。

90度に傾くというのは直角にすることで摩擦で航空機を減速させるためですね。

もし90度に傾かずに普通の状態なら固定されていない場合は航空機の重さに耐えられずに大変なことになってしまいます。

ジェットブルー292便が90度に傾いた理由は定かではありませんがマニュアルなどでは前輪が90度になることがある旨の記載がされています。

 

そして何より無事に着陸ができたのは機長の腕がとてもよかったからではないかと考えます。

通常の着陸よりも遥かに難しい前輪の故障。

着陸をする前にギリギリまで機体を軽くするために3時間旋回しています。

ボーイング747などの大型機であれば燃料を投棄することもできたのですがA320にはその機能がありませんでした。

その判断もさすがベテランパイロットだったのではないでしょうか。

そして本番の着陸。

ギリギリまで機体を起こして前輪が着地しないようにしなければなりません。

後輪だけでできるだけの減速をしてからギリギリになって前輪を着地させて着陸させます。

そうしなければ前輪が摩擦で一気に燃え上がって機体に燃え移る可能性があるからです。

今回のジェットブルー292便の場合も前輪は燃え上がりましたが機体に燃え移ることはありませんでした。

しっかりとした技術を持った機長だったからこそ負傷者がいなかったのではないでしょうか。

 


ジェットブルー292便の前輪の画像と着陸時の動画がヤバすぎる!

それではジェットブルー292便の前輪の画像を見ていきたいと思います。

ジェットブルー292便の前輪の画像はあるのですが非常に不鮮明でしたのでジェットブルー292便と同様の事故の画像を見ていただきたいと思います。

2018年のピーチ機が福岡空港に緊急着陸したときの画像になります。

この画像はジェットブルー292便とほぼ同じなのでジェットブルー292便でもこのような前輪でした。

この状況でジェットブルー292便の機長は着陸を行っています。

さらにはジェットブルー292便の着陸時の動画がありました。

前輪が90度傾いているのが動画からも分かると思います。

そして着陸の様子もしっかりと映っていますね。

ギリギリまで前輪が地面に接地していないのが分かります。

さらに前輪が摩擦で炎をあげているのも分かると思います。

このような大変な着陸で乗員乗客全員無事だったのは不幸中の幸いとしか言いようがありませんね!


今回のまとめ!

今回はジェットブルー292便について取り上げました!

前輪が90度に傾くというアクシデントがありました。

機長の神ってる技術で無事に着陸してけが人も出さないという素晴らしい操縦。

動画を見ているだけでも怖いのですから乗員乗客も怖かったと思いますがその中でも冷静に着陸した機長はとても素晴らしかったと思います!