ニュース

【泉大津市】誤認逮捕した大阪府警の警察官は誰で名前は?現在や損害賠償について調査!

2012年に泉大津市内のコンビニの窃盗事件で逮捕された男性を大阪府警は2022年3月4日誤認逮捕だったと認めたそうです。

いや、2012年にあった事件で被害者の男性は2014年に無罪判決がでているのに誤認逮捕と認めるのがあまりにも遅いように思えますね・・・。

今回の誤認逮捕事件で気になるところというか知りたくなったところがいくつかありました。

  • 誤認逮捕した大阪府警の警察官は誰で名前は公表されているのか?
  • 誤認逮捕した大阪府警の警察官の現在やその警察官に損害賠償は請求できるのか?

これらが気になるところなので見ていきたいと思います。

最後まで読んでもらえると嬉しいです。

 

泉大津市での誤認逮捕を大阪府警が認め謝罪!元ネタニュースからチェック

大阪府泉大津市で2012年にコンビニで窃盗したとして逮捕された21歳の男性の逮捕を大阪府警が誤認逮捕だと認めたということだそうです。

このニュースを見て本当に警察には腹ただしい気持ちしか湧いてこないですね・・・。

まずは今回の誤認逮捕のニュースを元の記事から見ていきたいと思います。

 

大阪府泉大津市で2012年、コンビニのレジから現金1万円が盗まれた事件で、大阪府警は4日、30代の男性を容疑者と特定し、窃盗の疑いで書類送検したと発表した。既に公訴時効が成立しており、容疑者は処罰を受けない。  この事件では別の男性が逮捕・起訴されたが、その後に無罪判決が確定していた。府警は誤認逮捕だったことを認め、男性に謝罪したことも明らかにした。

【引用はヤフーニュースです!】

 

まずは今回の誤認逮捕を大阪府警が認めるまでの経緯をまとめていきたいと思います。

  • 誤認逮捕が会った事件は2012年6月
  • 泉大津市内のコンビニのレジから1万円を盗まれる事件が発生
  • 2012年8月に警察はドアの指紋などから今回誤認逮捕をした男性を逮捕して起訴
  • 2014年に誤認逮捕されて被害を受けた男性が大阪地裁で無罪判決
  • 2021年10月に再捜査をしたところ別の男が浮上してきて関与を認めたものの時効が成立
  • 2022年3月4日に大阪府警は誤認逮捕を認めて誤認逮捕の被害者の男性に謝罪

簡単ではありますが誤認逮捕の経緯について時系列でまとめてみました。

今回のニュース記事を読んでいて思ったのは誤認逮捕された男性の証拠がドアについた指紋だけだったというところですね。

 

府警はコンビニのドアに残っていた指紋などから

 

これだけで逮捕される意味が分かりませんよね・・・。

犯行現場はコンビニな訳ですから防犯カメラの映像なども警察は確認したとは思いますが今回の誤認逮捕はあまりにもお粗末すぎるような気がしてなりませんね・・・。

しかも他の記事によるとこの誤認逮捕で被害者の男性は300日間も勾留されていたそうです。

300日間といえばほぼ1年間、なにもしていないのに勾留されていたことになりますよね。

被害者の男性は大学生だったのかそれとも働いていたのかは不明ですがかなり社会的地位を傷つけられたのは間違いないと思います。

自分だったらとてもではありませんが大阪府警を許すこともできませんし自分のことを逮捕した警察官を恨んじゃいますね。

今回誤認逮捕した大阪府警の警察官の名前などは分かっているんでしょうか?

 

泉大津市での誤認逮捕を大阪府警の警察官は誰で名前は?過去の事例から調査!

泉大津市での誤認逮捕を大した警察官の名前などは公表されているんでしょうか?

まずは今回の誤認逮捕のニュース映像などを見ていきたいと思います。

 

 

被害者の方のインタビューが主な内容で誤認逮捕をした当事者の警察官などは一切出てきていません。

今回謝罪したのも大阪府警の熱田好司刑事総務課長ということで被害者の男性を逮捕した警察官とは違います。

 

今回、泉大津市内の事件で誤認逮捕をした警察官の名前などは一切公表されていません。

この事件以外でも誤認逮捕はされていますがそれらの事例についても見ていきたいと思います。

他の事件で他の県警などであっても一切公表されていません。

 

警察という組織自体が元々は身内に激甘すぎるので今後も誤認逮捕があったとしても名前などが出ることは一切ないでしょうね。

なんせ警察官が逮捕されてもほとんどの場合は名前すら出ないことが多いですからね。

一般人の場合ですとすぐに名前が出てしまうので本当に腹ただしいです。

 

泉大津市での誤認逮捕を大阪府警の警察官のその後や現在は?損害賠償についても調査!

 

泉大津市での誤認逮捕を大阪府警の警察官のその後や現在はなにをしているのでしょうか?

名前なども公表されていないので難しいですがネット上ではこのような意見がありました。

 

誤認逮捕から10年経って、当時の責任者が退職金満額貰って引退したから公表したんじゃないだろうな・・・。

 

この意見を見たときに警察という組織ならやりかねないなと思ってしまいましたね。

当時逮捕した警察官がそこそこの役職でその警察官が退職するまではメンツのためにダンマリを決め込んでいた可能性は十分にありそうです。

 

そしてこの誤認逮捕をした警察官に対して今回の被害者の男性は損害賠償などを請求することができるのかも調べてみました。

誤認逮捕された場合はその警察官に対しての損害賠償ではなく『刑事補償法』というものが適用されるそうです。

しかもあくまでも補償の申し出があった場合のみだそうです・・・。

この制度も信じられませんね。。

勾留された1日につき1000円~12500円が補償されることになっており金額はこちらで指定できません。

いや警察が悪いのに意味が分かりませんね・・・。

 

大阪府警が泉大津市で誤認逮捕した以外のニュースもチェック!

【諫早市森山町田尻】強制性交で逮捕された犯人の顔画像はある?自宅の場所はどこか調査!

【西条市小松町】ミニバイク暴走の高校生の顔画像や名前は?学校名はどこかSNSで調査!

【はやぶさ102号】車掌を暴行した犯人の顔画像や名前は?逮捕の瞬間の動画を調査!

 

-ニュース