ブラックアウトチャレンジの意味とは?批判と事故はなぜ起きた?

ニュース

Tik Tokなどで一時期流行していた『ブラックアウトチャレンジ』というのをご存知でしょうか?

過去にもアイスバケツチャレンジなどがありましたが今回の『ブラックアウトチャレンジ』というのは命にも関わることで非常に危険です。

そのブラックアウトチャレンジで海外で死者が出てしまいました。

今回はブラックアウトチャレンジについて調査していきたいと思います。


ブラックアウトチャレンジの意味とは?

まずはこちらのニュースをご覧ください。

ブラックアウトチャレンジは別名『窒息ゲーム』『失神ゲーム』とも言われています。

ブラックアウトの意味を翻訳にかけてみると主に『停電』という意味で使われるそうです。

しかし他の意味もあって『意識を失う』という意味もあるようです。

ブラックアウトチャレンジをそのまま直訳すると『意識を失う挑戦』ということでしょうか。

このブラックアウトチャレンジはとても危険です。

Tik Tokでは前から流行していたそうなのですが今回のアメリカの12歳男児を始め今年の1月にはイタリアで10歳の女児も亡くなっています。

Tik Tokは若いユーザー層がメインでショート動画がメインなのですがチャレンジ系の動画が非常に多いですが今回のブラックアウトチャレンジは危なすぎます・・・。

ブラックアウトチャレンジの批判はかなり起きています。

続いてはブラックアウトチャレンジの批判を見ていきたいと思います。


ブラックアウトチャレンジの批判は?

ブラックアウトチャレンジはかなりの批判が出ています。

失神をチャレンジするなんて信じられないなどの意見が多いですね。

ブラックアウトチャレンジ自体は昔からあったそうで昔は息を吸って吐く瞬間に胸を叩くといったものだそうです。


ブラックアウトチャレンジの事故はなぜ起きた?

ブラックアウトチャレンジの事故はなぜ起きたのでしょうか?

一言でいうならそういう行為だからとしか言いようがありません。

しかしそれだけで済ませるのもどうしたものかと思うのでもう少しだけ見ていきたいと思います。

今回の事件が起きたのはどうやら世界情勢も影響しているようです。

各国で外出規制などの影響でSNSを使用する人が多くなっています。

その影響でTik Tokも利用者が増えてチャレンジ系の動画をアップする人が多くなっています。

その中で流行してしまったブラックアウトチャレンジ。

若い子たちは注目されたくてSNSをしている人も多いと思うのでその中で起きてしまった事故ともいえるのではないでしょうか。

とはいえ根本的な理由は窒息を楽しんでいたということではないでしょうか。

今回のまとめ!!

今回はブラックアウトチャレンジについて調査してきました。

いくら流行しているとはいえやはり命に関わることなので安易にチャンレジするのは辞めるべきだと思います。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました!